Clicky

道徳倫理

道徳倫理

 - 堅固な基盤
クスコ゚ーフテヨ: 真実 >> 道徳倫理 3
(道徳倫理 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

道徳倫理‐建国の父達からの追加引用
1776年7月1日:“神の御前に私はその時が来たと信じる。私の心が注ぎ込まれた政策の判断は承認され、今は自分自身と希望だけが残り、そして今私はその上に全てを懸ける準備が出来た。生きるかまたは死ぬか、存在するかまた消滅するか、これらのことを抜きにして宣言する。これは私の生涯の選択であり、死を迎えるときも神の祝福を受ける選択である。独立宣言は末代まで!”(ジョン・アダムス))

“神のことばは聖書の中に盛り込まれていて、我々の行動に必要な規定が直接提供されている。”“聖書を抜きにした教育は無益である。”“聖書はアメリカの全ての分野に於ける基本的テキストブックである。”(ノア・ウェブスター)

1776年7月3日:“1776年、7月2日は、アメリカの歴史上最も忘れられない新しい時代を開く出来事となり、大いなる記念祭として世に知られ代々引き継がれて行くと信じる。それは全能の神に献身する厳粛な行為を表明した日として記念されるであろう。壮観なパレード、ショー、ゲーム、スポーツ、鳴り響く大砲と鐘の音、大かがり火、そしてその照明は大陸の端こちら側からあちら側の端まで行き渡り、末永く厳粛化されるであろう。”(ジョン・アダムス)

“今私は告白する、クリスチャンの一般的原則は現在する神の特質と同じように永遠であり不変である;そしてこれらの原則である(束縛からの)解放の原則は、人間の特質とこの世の生き物である我々の方式で変えることは出来ないと、当時もまた今も信じている。”(ジョン・アダムス)

“最も輝かしいアメリカの大改革とは;クリスチャンの原則に固く結びつく民間政府の原則である。”(ジョン・クインシー・アダムス)

“宣言の日から…彼らは(アメリカ国民)彼ら全てのするところの、神の福音の掟と殆んどすべての認識する彼らの行為は神による掟に繋がれたのである。”(ジョン・クインシー・アダムス)、

サムエル・アダムスの宣言により、1776年独立宣言はサインされた:

“今日我々は全ての人が従う義務のある統治者に帰したのである。彼は天と日い出る所から日の沈む所までを支配する御方。神の王国が来ますように。”

“従って彼(神)は信頼できる友であり、この国を解放し最も多くの美徳を促進し、そして彼の力と影響は広がり、各分野に選ばれた信頼出来ない愚者や影響力のない者から苦痛を受けることのないように…我々全体が総和して真に彼の賜である天国を喜び、秀でた者になろうではないか。”(サムエル・アダムス)

“もし我々が聖書の教えの原則に止まるなら、我々の国は盛んになり繁栄するであろう;しかし権威の指示を無視すれば、突然我々の後世は破滅的状況に圧制されると共に、全ての栄光の深遠は葬り去られ不明瞭となることは一目瞭然である。”(ダニエル・ウエブスター)

1789年10月3日、国家的祭日である感謝祭:“祭日である一方、全能の神の摂理を認識し、御心に従い、彼の恵みに感謝し、遜り神の守りと永遠を懇願するのは国民の務めである…”(ジョージ・ワシントン)

1832年、ノア・ウエブスターによって執筆されたアメリカの歴史から:“アメリカ憲法の概要説明は、若者達に共和党政府(リパブリカン)の原則の戸を開くことになる;それは我々市民が早期に本物の起点である誤りのない聖書による共和党(リパブリカン)の原則、特に新約聖書とクリスチャン信仰を理解するべきであるという、執筆者の誠実な念願である。”(ノア・ウェブスター)

もっと探求しましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


理論的見解、哲学的見解、一般的人生観

アダムとイブ
道徳倫理

自然科学的見解、自然科学的一般論
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 道徳倫理 to My Google!
Add 道徳倫理 to My Yahoo!
XML Feed: 道徳倫理
真実 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutTruth.org, 著作権所有.