Clicky

道徳倫理

道徳倫理

 - 真の基盤
クスコ゚ーフテヨ: 真実 >> 道徳倫理

道徳倫理‐決断の選び取りはどのようにしたら良いのか?
2001年バルナ・リサーチ・グループに於いて、道徳倫理の中心的全国調査が実施されました。この全国調査の結果、大人4人にわずか1人が“道徳倫理の判断と決断は、主として聖書の原則から学んだ”事が明らかになりました。さらに、調査に協力した大人の50%近くは、“楽しく、または満足する結果であれば、どんなことでも良い。”に基盤を置き道徳倫理の決断をする、と言っています。調査企画を実施したリーダー、ジョージ・バルナは、“ほとんどの人は、絶対的真理の解明があることを信じていません…そして忙しく動き回る人々は、信仰云々とは全く関係なく道徳倫理の決断を選択をしています。”

道徳倫理‐私たちの現在の状態の相対論
道徳倫理は、文化、状況、また個人の特定的必要性と関連している、このように今日の倫理観は相対論と見なされています。“今日の社会は、善が悪と判断され、悪が善と判断される傾向があります。その結果、我々社会の基盤と文化そのものは、我々の足もとに崩壊しています。 なぜなら、国家である我々は方向性を見失い、神と神のことばに従う信仰から来た我が国の道徳倫理である善と悪の違いがもはや堅固な基盤に築かれていないからです。”(ハーベスト・ミニストリーのグレーグローリー)

道徳倫理‐私たちの以前の基盤
そもそも道徳倫理はアメリカ国家の基盤でした。とはいえ、最近の歴史に置いてアメリカ建国の根本的原則は“宗教からの解放”というように曲解され宣言されています。しかし真のアメリカ建国は、よく知られている宗教の権利を主張した“宗教の自由”です。ちょっとアメリカの歴史を学んでみれば、そこには“宗教からの解放”などというクリスチャンの概念も、また暗に含まれた意味もありません。私たちの建国の父たちは、幾千に及ぶ神のことばを聖書から引用しました。議会の開会と終了時は神に祈りをささげ、偉大な我々の国家の法律を制定するときは、公然と聖書の十戒を引用しました。実際、演説中、直接聖書のことばを引用する間、彼らは政府の管轄地に起立し共に祈りをささげたのです。

もし私たちの国家が“宗教からの解放”の原則の上に築かれたなら、建国の父達は、政府の土地で公然と彼らの宗教を実践出来なかったでしょう。建国の父たちが公衆で、聖書について、神について、そうです!重要な道徳倫理に関しての決断をクリスチャンの原則の上に置いた、という記録が4,500以上あるのです。全てこれらは政府のリーダーが政府の管轄地に置いて声明したことです。

建国者たちと憲法を制定した人々が“宗教からの解放”または政府の管轄内に置いては、宗教に関して話すことを禁止する、などと信じてはいませんでした、また歴史的に全く立証されません。これらの事柄は最近の概念であり、大幅に下降する道徳倫理の最近の曲解された過程であると信じられます。

道徳倫理‐なにが私たちの権威か?
道徳倫理はこの偉大な国家の基盤にあります。道徳倫理は相対論ではありません‐それは聖書による真理の絶対的権威です。既に受け入れがたい21世紀のテクノロジー社会ですが、この国と、この国の道徳倫理の支柱は、クリスチャンの原則の上に築かれました。“最後に、我々の起源である信仰の本髄を忘れてはなりません。我々の父達は、海のあちら側からキリスト信仰に高い尊敬の念を持って来たのです。彼らの旅路はその光によって導かれ、苦しみの中にも希望がありました。彼らは、一致してクリスチャン原則とその要素を彼らの地域に取り入れて、公共と、市民と、政治と、または文書によって影響できると信じたのです。”(ダニエル・ウエブスター)

道徳倫理 ・レ。シ・ク 2


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


理論的見解、哲学的見解、一般的人生観

道徳倫理
アダムとイブ

自然科学的見解、自然科学的一般論
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 道徳倫理 to My Google!
Add 道徳倫理 to My Yahoo!
XML Feed: 道徳倫理
真実 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutTruth.org, 著作権所有.