Clicky

聖書の預言

聖書の預言

 - 結論
クスコ゚ーフテヨ: 真実 >> 聖書の預言 3
(聖書の預言 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

聖書の預言−ダニエル書11章の継続…
ダニエル11:14−16:“そのころ、多くの者が南の王に反抗して立ち上がり、あなたの民の暴徒たちもまた、高ぶってその幻を実現させようとするが、失敗する。しかし、北の王が来て塁を築き、城壁のある街を攻め取ると、南の軍勢は立ち向かうことができず、精兵たちも対抗する力がない。そのようにして、これを攻めて来るものは、思うままにふるまう。彼に立ち向かう者はいない。彼は麗しい国にとどまり、彼の手で絶滅しようとする。

【エジプトは立ち上がりプトレミー四世に反逆するが、この反逆は引き継がれたプトレミー五世(紀元前205−181)まで続き、後の治世アンテオケス(Antiochus) 三世とマセドン(Macedon)のフィリップ五世 (紀元前221−179)はプトレマイオス(プトレミー)の利益を分ける企てに同意した。それ故に、“多く”が南の王に反抗したが、最終的に反逆は抑圧(“彼らは倒された”)された。少し前に言及した北の王は、戻って来て南の王を“全く立ち上がる力もなく”大敗させた。幾世紀にわたるプトレマイオス(プトレミー)の支配権から麗しい地パレスチナ(カナン)はセレウコス支配に移った。】

ダニエル11:17−19:“彼は自分の国の総力をあげて攻め入ろうと決意し、まず相手と和睦をし、娘の一人を与えて、その国を滅ぼそうとする。しかし、そのことは成功せず、彼のためにもならない。それで、彼は島々に顔を向けて、その多くを攻め取る。しかし、ひとりの首領が、彼にそしりをやめさせるばかりか、かえってそのそしりを彼の上に返す。それで、彼は自分の国のとりでに引き返して行くが、つまずき、倒れ、いなくなる。”

【Antiochusはプトレミーと和睦して、自分の娘クレオパトラと若いライバルの縁組を計画し、彼女を利用してなんとか交戦を避け、エジプト征服を謀ったが、クレオパトラは父に敵対し彼を落胆させる。アンテオケス(Antiochus)はその後小アジアに敵対し、はるかギリシャ(“ギリシャ沿岸地帯”)まで攻め入るが、テルモピュライでローマに対抗され(紀元前191)紀元前190年、マグネシアにて遂に敗北した。彼はスーサ(紀元前187)の近くで異教徒の宮を略奪中死亡、それはちょうどアパメア(紀元前188)でローマと平和協定をした次の年であった;それ故に、“彼は、つまずき、倒れ、いなくなる。”の聖書のことばが成就する。】


聖書の預言−聖なる託宣
ダニエル書11章は従わざるを得ない聖書の預言の例証であり、11章の1節から19節までは、アレキサンダー大王からアンテオケス(Antiochus)大王まで何百年に渡る中近東の歴史の出来事が簡潔に説明され、神学的に深い意味あいを持ちます。

聖書の神は宣言して、“遠い昔の事を思い出せ。わたしが神である。ほかにはいない。わたしのような神はいない。わたしは、終わりの事を初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、‘わたしのはかりごとを成就し、わたしの望む事をすべて成し遂げる’と言う”(イザヤ46:9−10)。聖書には1000以上の計画された啓示と、御1人の方を中心とした100を上回る(控えめに見積もって)預言があります。これらは、いわゆる“メシアニック預言”と言われ、いのち、死、復活、そして失われた人類を解放するユダヤ人の救い主(メシア)の王国に関しての主張を具体的に知らせているのです。

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


聖書は真実なのか?

クリスチャンの預言

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 聖書の預言 to My Google!
Add 聖書の預言 to My Yahoo!
XML Feed: 聖書の預言
真実 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutTruth.org, 著作権所有.